高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します

ページの先頭へ
トップページ > 加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまい

加齢や疾患によって食べる力は落ち

加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまいます。食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、ひとりひとり機能の程度は違います。安心してごはんが食べられるような手掛かりとしてレベルごとに分けられているのが介護食です。

どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、病院や施設と同じように家庭でも安全な食事形態の目安として使いやすい指標です。

口にしやすい介護食を作るため、そして介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、調理器具を使うことをお薦めします。

介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うことも可能です。そしてさらに口当たりを良くしたいときには、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、上手に水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。

どんな状況においても楽しく食事ができるように介護用食品は、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。

介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、食べやすい料理を作る手間も省けます。

介護をする側もされる側も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くお薦めします。

介護食の見た目は、食べたいという気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)を出すためにとても重要なことです。どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、味は持ちろんのこと見た目が悪くても、食に対する意欲が薄れてしまいます。無理なく口に運べるか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。

高齢者は唾液が分泌されにくくなるため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。

とはいえ水分が多くふくまれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、食べやすい具材を使用して、食事に負担のない形状につくり変えます。

年齢と一緒に顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。

これまでと同じ食べ物を思うように食べられず、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう畏れもあります。

多くの高齢者は若い頃とくらべて食べたいという気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)が少なくなるため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、食べる量そのものが減ったりして栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、あえて手の込んだものは作らなくなってしまうでしょう。

そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。

オナカが空いたとあまり感じられないとき、おかゆを食べるだけで安心していないでしょうか?ごはんにくらべるとおかゆは水分が多いので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんとくらべてなんと半分以下しかありないでしょう。

もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、エネルギーと栄養をプラスしましょう。病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も味も美味しいと感じられないものでした。入院中のお年寄りのごはんが思うように進まなかったのは噛むことが難しいからではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、自宅で食事の用意をするときは、病院食みたいな見た目も味も悪いごはんは出さないと心に誓いました。

入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。

介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。介護施設の食事は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、それの通りに調理された料理を提供していますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりないでしょう。

介護施設によって、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状の食事ではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、美味しく食べられる調理法を助言してくれる介護施設もあります。体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、関節周りの筋肉量を維持するために良質なたんぱく質を摂取しましょう。

そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材としてお薦めできるのが卵と豆腐ですので、もし肉や魚が上手に食べられない人は、卵や豆腐でたんぱく質を摂ってください。

肉や魚には、卵や豆腐とは異なるアミノ酸やビタミン・ミネラルなどがふくまれており、あまたの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、他の人よりも長生きできるということも分かっています。

近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、このままでは要介護の状態になるであろう状態のことを言います。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態になってしまう可能性が高いと言います。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。

Copyright (c) 2014 高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します All rights reserved.