高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します

ページの先頭へ
トップページ > 食べる機能は加齢や疾患によって低下します。

食べる機能は加齢や疾患によって低下します。

食べる機能は加齢や疾患によって低下します。

食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、人それぞれ機能の程度は異なります。

安心してごはんが食べられるような手掛かりとして介護食はすべての方に合わせてレベルが分けられているのです。嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによってわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一する事により、病院や施設だけでなく家庭でも安全なご飯を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、ゲンキに動ける骨格筋を保つために意識して良質なタンパク質を摂ることを御勧めします。そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材として御勧めできるのが卵と豆腐ですので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、たんぱく質を摂るために、卵や豆腐を食べることを御勧めします。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはさまざまなアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日さまざまな食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、いつまでも健康でいられる沿うです。老人ホームのご飯は栄養士が栄養管理した献立を造り、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、飲み込向ことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態に合わせて調理されたものものが必須です。

介護施設によって、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状のご飯ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、立とえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。

口にしやすい介護食を作るため、そして介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。介護食の特性は柔らかく、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。

それ以外にもマッシャーやすり鉢を使用してより食べやすい形にすることもできます。

さらになめらかにするときには、裏ごし器使う事によりそれは解消されます。最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。フレイルとは昔にくらべて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、何も手を打たないままだと要介護の状態になる可能性が高い状態をいいます。そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすを指す「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の機能が低下する事により歩くことや座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態に繋がってしまいます。これらすべての原因となっているのが栄養不足なのです。歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。

介護用の食品にはご飯に対するどんな悩みでも解消できるように、食べやすさに配慮した商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品などがあります。家庭で介護食を作ることは決して容易なことではありません。

介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、献立の悩みを解消できたりします。

介護をうける方もその家族も、どちらにかなり嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、あえて手の込んだものはつくらなくなってしまいます。

そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにして下さい。オナカが空い立とあまり感じられないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。

おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんとくらべてなんと半分以下しかありません。

もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、エネルギーと栄養をプラスして下さい。

介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食欲は無くなってしまいます。

無理なく口に運べるか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。その反面、水分が多過ぎてしまっても、むせてしまうこともあるので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。

完成された料理をその通りペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目も味もオイシイと感じられないものでした。

入院中のお年寄りのごはんが進まなかったのは噛めないのではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、自宅でご飯の用意をするときは、病院食みたいな見た目も味も悪いご飯はつくらないと決意しました。病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどみたいな介護食を用意すれば良いかと伺ったら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。

介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。

歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまう事により、飲み込んだり噛向ことも満足にできなくなっていきます。

これまでと同じ食べ物を簡単に食べられなくなり、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。

その他お年寄りにみられる特性として、若い頃よりも食欲がなくなるため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、ご飯量自体が減ってしまい栄養が偏った状態になっている恐れがあります。

Copyright (c) 2014 高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します All rights reserved.