高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します

ページの先頭へ
トップページ > 高齢者のための施設でのご飯は栄養士が必要な栄養素を

高齢者のための施設でのご飯は栄養士が必要な栄養

高齢者のための施設でのご飯は栄養士が必要な栄養素を考慮したメニューを創り、調理担当が作ったお料理を用意していますが、飲み込向ことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態に合わせて調理されたものものが必須です。

介護施設によって、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。

食べる機能は加齢や疾患によって低下します。

介護食は食べる力が衰えてしまった方のためのご飯ですが、食べる力は人によって異なります。問題なくご飯が行なえる目標の基準としてレベルごとに分けられているのが介護食です。嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによって普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安全なご飯を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。

疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、いつまでも体を活発に動かせるように意識して質のよいタンパク質を摂ることをおすすめします。

そして質のよいたんぱく質として真っ先に挙げられるのは卵と豆腐ですので、もし肉や魚が上手く食べられない人は、卵や豆腐で代わりに補うことが出来ます。

そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質には色々なアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、その上より長く人生を謳歌できるといいます。

歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。

若い頃平気で食べていたものを上手く食べることができず、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、誤って食べ物が気管に入り「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性があります。

また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、あまり多くの量を食べなくなり健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。

加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水分が飲みこみづらいといったご飯の悩みが出てきます。介護用食品はどれだけ歳を取ってもご飯を楽しめるために、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。

家庭で介護食を作ることは決して容易なことではありません。

介護用食品があれば、気もちに少しゆとりができたり、食べやすい料理を造る手間も省けます。介護をする側もされる側も、どちらにかなり嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。

どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食べたいという気もちがなくなってしまいます。

口の中でまとまりやすいか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。

その反面、水分が多過ぎてしまっても、むせてしまうこともあるので、口にしやすいものをつかって、美味しく食べられるように加工します。

食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、あえて手の込んだものは創らなくなってしまいます。沿ういった場合は、今ある食材をプラスするなど、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれたご飯をする事がとても重要です。

あまり気分が乗らないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。

おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫でエネルギーと栄養をプラスしましょう。最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。

フレイルとは昔にくらべて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、どんどん悪化し続けてしまうと介護が必要とされる可能性が高い状態をいいます。そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態に繋がることが知られています。そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態の全ての原因なのです。

口にしやすい介護食を作るため、そして介護する側もご飯を用意する負担を減らすためにも、それを作るための器具はとても役に立ちます。介護食の特徴は柔らかく、噛みやすく、そして飲み込みやすいなめらかな状態です。

フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。

また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできます。そしてさらに口当たりを良くしたいときには、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。

病院で出されるご飯は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。入院中のお年寄りのごはんがスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、家でご飯を用意する際は病院食と同じ類のごはんは出さないと心に誓いました。

病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言をもとめたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えてもらいました。

介護食を毎食ごとに冷凍しておくとご飯準備に手間取らないと分かりました。

Copyright (c) 2014 高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します All rights reserved.