高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します

ページの先頭へ
トップページ > 老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、

老人ホームのご飯は栄養士が栄養バラ

老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、それをもとに調理師が調理したものを出していますが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。場所によっては、持とからなめらかになっているご飯ではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、たとえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)を提供している老人ホームもあります。怪我や病気に負けない体を作るためにカロリーを、骨格筋の動きの良さを保つために質のよいタンパク質の多くふくまれているものを積極的に摂るようにしましょう。

そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材としてお奨めできるのが卵と豆腐ですので、肉や魚が不得手な人は、卵や豆腐でたんぱく質を摂ってちょうだい。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違う栄養素、例えばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富なので、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、他の人よりも長生きできるということも分かっています。歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさやうまく水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。介護用食品はいつまでもご飯を楽しんでもらう為に、食べやすさに配慮した商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品といったものがあります。

家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、日々頭を埋め尽くす献立の問題も解消できるかも知れません。

介護を受ける方も、介護をする方も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみてちょうだい。

近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものなんです。フレイルとは昔にくらべて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このまま悪くなりつづけると介護が必要になってしまう状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすをさす「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態になってしまうといいます。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、美味しさもその見た目もあまり良いものではないのですでした。

入院生活を送っている高齢者の方のご飯がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなものは絶対に出さないと決めました。

病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言を求めたら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。

ちょっとずつ分けて冷凍保存しておけば、忙しいときでもすぐにご飯の用意ができることに気づきました。

食べる力は加齢や病気によって衰えます。介護食は食べる力が衰えてしまった方のためのご飯ですが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。

問題なくご飯をするための目安として介護食は程度によって分けられています。

食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように安全なご飯形態の目安として使いやすい指標です。

食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単にご飯をすませられるかばかり考えてしまいます。そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できるご飯を常に意識するとよいでしょう。

食欲がないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。

なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにしましょう。

介護食は食べやすい形にすることがとても大切ですが、また、出来るだけご飯を用意しやすくするためにも、それを作るための器具はとても役にたちます。

一般的に介護食は柔らかく、噛みやすく、そして飲み込みやすいなめらかな状態です。

フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。

また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできます。さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。

今まで何の問題もなく食べていたものを思うように食べられず、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。

その他お年寄りにみられる特徴として、若い頃よりも食欲がなくなるため、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、食べる量そのものが減ったりして栄養が偏った状態になっている恐れがあります。

介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。

どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食に対する意欲が薄れてしまいます。

うまく噛めない方でも口にしやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。

一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。

Copyright (c) 2014 高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します All rights reserved.