高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します

ページの先頭へ
トップページ > 歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いもの

歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因

歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水気の多いものが飲み込みづらいといった問題に直面します。

どんなに食事への不安があるとしても楽しく食事ができるように、介護用の食品には、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品などがあります。

ご自宅で介護食を創ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。

介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、何を創るか頭を悩ませる必要もなくなります。

介護をうける方も、介護をする方も、どちらにとっても嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。

食べる力は加齢や病気によって衰えます。

食事が思うようにできない方のために介護食がありますが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。

問題なく食事が行なえる目標の基準として介護食はレベル別になっています。嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによってわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安全に食事を行うために非常に役たつ目安です。

老人ホームの食事は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、もし噛んだり飲んだりすることが難しい方に対しては、その状態に合わせて調理されたものものが必須です。介護施設によって、ミキサーなどの器具を使って造られた流動食ではなくて、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、食事を味わえる調理方法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。

病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、見た目も悪く、味もおいしいとは言えないものでした。

入院生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)を送っている高齢者の方の食事が進まなかったのは噛めないのではなくて、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類のものは絶対に出さないつもりです。

入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後の食事について伺ったら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。

介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。

加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。

昔からよく食べていたものを思ったように食べることが困難になり、よく飲み込んだときにむせてしまい、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう畏れもあります。

また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、一度にあまたの量を食べられなくなり栄養が偏った状態になっている畏れがあります。近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。

フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまうであろう状態のことをいいます。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、さらに悪化すると寝たきりの状態につながるとされています。

そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起こす原因なのです。

より食べやすい介護食を創るために、またケアをする側の負担を減らすためにも、専用の調理器具があるとおもったより助けになります。

介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。

フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。

そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることも出来ます。

さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをオススメします。食事を純粋に楽しめなくなってしまうと、必然と用意するものも簡単なものになってしまうでしょう。そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、たとえ少ししか食べられないとしてもバランスのよい食事を心がけましょう。

おなかが空いたとあまり感じられないとき、おかゆを食べただけで満足してはいないでしょうか。おかゆを創るとき、ごはんより多く水を使うので、カロリーはごはんの半分以下なのです。

なのでおかゆだけを食べるのではなくて、ほかの食材も摂るようにすることで、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにしましょう。

食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食欲は失われてしまいます。うまく噛めない方でも口にしやすいか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。

年齢と供に唾液も造られにくくなるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。とはいえ水分が多くふくまれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、関節周りの筋肉量を維持するために良質なたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)を摂取しましょう。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)なので、肉や魚が食べにくい人は、その換りに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することが出来ます。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質(含まれている必須アミノ酸の構成比率によって、栄養価が決まるでしょう)にはアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素がふくまれているため、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、いつまでも健康でいられる沿うです。

Copyright (c) 2014 高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します All rights reserved.