高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します

ページの先頭へ
トップページ > 加齢や怪我そして病気などによって、

加齢や怪我そして病気などによって、固いものが上

加齢や怪我そして病気などによって、固いものが上手に食べられない、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。

どんなに食事への不安があるとしても楽しく食事ができるように、介護用の食品には、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。

家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、日々頭を埋め尽くす献立の問題も解消できるかもしれません。介護をする側もされる側も、どちらに結構嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。

食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。

そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、立とえ少ししか食べられないとしてもバランスのよい食事を心がけましょう。

食欲がないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆはごはんより多くの水でつくられているので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。

もしもおかゆを食べるのだったら、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにして下さい。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。介護食は食事が思うようにできない方のための食事ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。

不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食はレベル別になっています。嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによって異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、どの段階の方でも美味しく食事ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。

歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、飲み込む力(嚥下力)や噛む力(咀嚼力)が衰えてきます。

以前食べていたものを簡単に食べられなくなり、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起してしまうこともあり得ます。他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、食事量自体が減ってしまい健康的とはいえない状態になってしまっていることがあるでしょう。

怪我や病気に負けない体を創るためにカロリーを、げんきに動ける骨格筋を保つために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。

卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、肉や魚が食べにくい人は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。

卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質にはさまざまなアミノ酸(食事から摂るのが理想ですが、不足しがちであればサプリメントなどを利用するのもいいでしょう)、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、他の人よりも長生きできるということも分かっています。最近、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。

フレイル、それは以前に比べて体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、このまま悪くなりつづけると介護が必要になってしまう畏れが十分にある状態のことです。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態に繋がることが知られています。

そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起してしまう要因なんです。

より食べやすい介護食を創るために、またケアをする側の負担を減らすためにも、調理器具を使うことをお奨めします。

一般的に介護食は柔らかく、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。

また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできるのです。さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。

飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、味は持ちろんのこと見た目が悪くても、食欲は無くなってしまいます。食べ物がひとまとまりになりやすいか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。高齢者は唾液の分泌量が低下するため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。

高齢者のための施設での食事は栄養士が必要な栄養素を考慮したメニューをつくり、それをもとに調理師が調理したものを出していますが、もし噛んだり飲んだりすることが難しい方に対しては、その状態にあった調理方法で提供する必要があるでしょう。場所によっては、ミキサーなどの器具を使ってつくられた流動食ではなく、見た目は普通食のみたいですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、美味しく食べられる調理法を提供している老人ホームもあるでしょう。

病院食に見られる特徴は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も悪く、味も美味しいとは言えないものでした。

入院生活を送っている高齢者の方の食事があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、自宅で食事の用意をするときは、病院食のような見た目も味も悪い食事は出さないと決めました。病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、『柔らかければ何でもいいですよ』とだけ言われました。

介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。

Copyright (c) 2014 高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します All rights reserved.