高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します

ページの先頭へ
トップページ > 老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考

老人ホームのご飯は栄養士が栄養バ

老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理担当が作ったお料理を用意していますが、もし噛んだり飲んだりすることが難しい方に対しては、それぞれに合わせて調理することが重要です。

ところによっては、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、たとえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を教えてくれる老人ホームもあります。

最近、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、このままでは要介護の状態になる状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや座ったりなどの日常生活が難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態につながることが知られています。そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食べたくない気持ちが大聴くなってしまいます。食べ物がひとまとまりになりやすいか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。

年齢といっしょに口の中でつくられる唾液の量は減ってくるため、口に入れたときに、水分を吸収してしまうような食べ物は食べるのが大変です。一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。加齢や怪我そして病気などによって、固いものがうまく食べられない、水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。介護用食品はいつまでもご飯を楽しんで貰う為に、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。介護をする方にとって、食べやすいご飯を準備するのは大変です。

介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、献立の悩みを解消できたりします。

介護をうける方もその家族も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。

体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、肉や魚が食べにくい人は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違うアミノ酸やビタミン・ミネラルなどがふくまれており、多くの食材を毎日取っている人はそうでない人と比べて歳を取っても活発に活動ができ、他の人よりも長生きできると言う事も分かっています。

介護食は食べやすい形にすることがとても大切ですが、また、ケアをする側の負担を減らすためにも、専用の調理器具があるとまあまあ助けになります。

一般的に介護食は柔らかく、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。

フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。

また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできます。

さらになめらかにするときには、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。

病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、美味しさもその見た目もあまり良いものではありませんでした。

入院中の高齢者の方のご飯があまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因なわけではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、家でご飯を用意する際は病院食と同じ類のごはんは出さないと心に誓いました。病院内で摂食嚥下障害分野に特化している看護師さんに退院後のご飯についてアドバイスを求めたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えて貰いました。

毎食ごとに小分け冷凍しておくと便利だと気づいたんです。

食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、あえて手の込んだものはつくらなくなってしまいます。

そんなときは、身近にある食品をプラスして、少しの量でもバランスよく栄養を摂取出来るご飯を常に意識するとよいでしょう。ご飯をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、おかゆを食べただけで満足してはいないでしょうか。

おかゆはごはんより水分が多いので、カロリーはごはんの半分以下なのです。なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにして下さい。

加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまいます。介護食はご飯が思うようにできない方のためのご飯ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。問題なくご飯をするための目安として介護食は程度によって分けられています。

どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、どの段階の方でも美味しくご飯ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、病院や施設だけでなく家庭でも問題なくご飯を行なうためにとても役立つ指標です。

歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。今まで何の問題もなく食べていたものをうまく食べることができず、飲み込むときにむせることが増え、誤って食べ物が気管に入り「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性があるでしょう。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして栄養不足になっていることがあります。

Copyright (c) 2014 高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します All rights reserved.