高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します

ページの先頭へ
トップページ > 病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごと

病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ご

病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、美味しさもその見た感じもあまり良いものではありませんでした。

入院している高齢者の方の食が進まなかったのは噛めないのではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、家庭で用意するときは料理を丸ごとペースト状にするような食事は出さないと決めました。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えてもらいました。

毎食ごとに小分け冷凍しておくと便利だと気づいたんです。年齢の変化や病気によってそれまでのように食事ができなくなります。

介護食は食べる力が衰えてしまった方のための食事ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。

問題なく食事が行える目標の基準として介護食は程度によって分けられています。嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によって普通食から嚥下食までが6つの程度に分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで外に出ることが困難な方でもご家庭で安全な食事を用意するために、とても分かりやすく使いやすい指標です。年齢と共に顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 飲み込んだり噛向ことも満足にできなくなっていきます。

昔からよく食べていたものを思ったように食べることが困難になり、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう怖れもあります。

そして、主な高齢者は若い頃にくらべて食欲が低下するため、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、あまり多くの量を食べなくなり栄養が偏った状態になっている怖れがあります。

口にしやすい介護食を造るため、そして介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、専用の調理器具があるとまあまあ助けになります。一般的に介護食は柔らかく、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。

マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことができます。

それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。

介護食も普通食に対してと同様に、美味し沿うな見た目のものが好まれます。飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食に対する意欲が薄れてしまいます。

食べ物がひとまとまりになりやすいか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。

年齢と共に口の中で創られる唾液の量は減ってくるため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。

一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、食べやすい具材を使用して、食事に負担のない形状に造り変えます。加齢や怪我そして病気などによって、固いものが上手く食べられない、上手く水分を飲み込めないという類の悩みが増えてきます。

介護用食品はいつまでも食事を楽しんでもらう為に、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。

家庭で介護食を造ることは決して容易なことではありません。

介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。

介護をうける側も、手助けをする側も、どちらにとってもありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

近頃、高齢者の間で注目されていますフレイル(虚弱)とは一体なんでしょうか。

フレイルとは、体重(健康のためにいい健康体重、見た目にこだわる人が目標とすることが多い美容体重など、人によって理想の体重は異なるものです)の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、このままでは要介護の状態になる怖れが十分にある状態のことです。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや座ったりなどの日常生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)が難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態につながることが知られています。

この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、骨格筋の動きの良さを保つために良質なたんぱく質を摂取しましょう。

そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材としてお勧めできるのが卵と豆腐ですので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐で替りに補うことができます。卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質にはアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素が含まれているため、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、長生きであるという調査報告もあります。

食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、美味しいものを食べたいという考えがなくなり簡単に食事を済ませてしまうことが多くなります。沿ういうときは、すぐに用意できる食品を足して、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をすることがとても大事です。オナカが空いたとあまり感じられないとき、おかゆを食べるだけで安心していませんか?おかゆを造るとき、ごはんより多く水を使うので、カロリーはごはんの半分以下なのです。なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。

老人ホームの食事は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、それの通りに調理された料理を提供していますが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。

また各老人ホームによりますが、ミキサーなどの器具を使って創られた流動食ではなく、料理の見栄えを大事にしつつすごく簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を助言してくれる介護施設もあります。

Copyright (c) 2014 高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します All rights reserved.