高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します

ページの先頭へ
トップページ > 歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因(

歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが

歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)で、固いものの食べづらさや水気の多いものが飲み込みづらいといった問題に直面します。

どんな状況においても楽しく食事ができるように介護用食品は、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品などがあります。

ご自宅で介護食をつくることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。当事者も身の回りのお世話をする方も、どちらにまあまあ嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。

加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまいます。介護食は食べる力が衰えてしまった方のための食事ですが、食べる力は人によって異なります。問題なく食事が行える目標の基準として介護食は全ての方に合わせてレベルが分けられています。

嚥下食ピラミッドはすべての食事を摂食・嚥下の難易度にあわせて、普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、外に出ることが困難な方でもご家庭で安全な食事を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。介護施設の食事は栄養士がバランスの良い献立を創り、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、上手く嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。

そしてさらに施設によってはきざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を提供している老人ホームもあります。介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、見た目や味付けが悪いと、食欲は無くなってしまいます。

食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。高齢者は唾液の分泌量が低下するため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。

とはいえ水分が多くふくまれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、食べやすい材料を使って、食べやすい形に創り変えます。

加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。

昔からよく食べていたものを簡単に食べられなくなり、飲み込むときにむせることが増え、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまうおそれもあります。

他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃にくらべてなくなるため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、食べる量そのものが減ったりして栄養が偏った状態になっているおそれがあります。体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように質のよいタンパク質の多くふくまれているものを積極的に摂るようにしましょう。

たとえば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多くふくまれている食材なので、もし肉や魚が上手く食べられない人は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。肉や魚には、卵や豆腐とは異なるたくさんの種類のアミノ酸、ビタミンそしてミネラルがふくまれているので、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、いつまでも健康でいられるそうです。

病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。入院中のお年寄りのごはんがあまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)なりゆうではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかけるものは絶対に出さないつもりです。

病院内で摂食嚥下障害分野に特化している看護師さんに退院後の食事についてアドバイスをもとめたら、『柔らかければ何でもいいですよ』とだけ言われました。

介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、出来るだけ食事を用意しやすくするためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。

一般的に介護食は柔らかく、なめらかな食感、咀嚼しやすいサイズです。

フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。

マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことができます。

さらになめらかさが必要な場合には、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、おいしいものを食べたいという考えがなくなり簡単に食事を済ませてしまうことが多くなります。

そんなときは、身近にある食品をプラスして、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにしましょう。食欲がないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆをつくる工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。

近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。

フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、どんどん悪化しつづけてしまうと介護が必要になるであろう状態のことをいいます。

フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態になってしまうといいます。この「負の連鎖」の原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)となるのが低栄養なのです。

Copyright (c) 2014 高齢者宅配弁当は介護の負担を軽減します All rights reserved.